丁寧にやればやるほど結果がでるお肌のケア

コスメティックスでの洗顔の基本知識

IPSコスメティックスで綺麗になれるコスメティックスを用いて洗顔をする際の基本知識としては、
まず肌質に合うコスメティックスを選ぶ必要があります。

肌質というのは人によって様々ですが、肌質に合わないコスメティックスを
使ってしまうとお肌にダメージを与えてしまう事があります。

特に敏感肌の場合は、使用するコスメティックスによって
赤みや痛みが発生してしまう事もありますので、注意する必要があります。

洗顔の際にはしっかりと泡立ててから洗う事も大切です。
コスメティックスの泡立ちが悪い状態ですと手の平がお肌に触れてしまい、
それによってお肌に摩擦を与えてしまう事になります。

摩擦というのは肌質を悪くする原因になりますので、豊かな泡を作ってから
洗い始める必要があるのです。美しく、新しく

優しく洗う事も大切なポイントです。
力を入れてごしごしと洗う方も少なくありませんが、そういった洗い方というのは
お肌の脂分や水分を過剰に奪ってしまう原因になります。

脂分や水分が減少する事によって乾燥が進み、肌質の悪化を招く事にもなりますので注意が必要です。

理想の肌水分量を保ってトラブル知らずの肌に!

理想の美肌を実現する水分量の目安は40~50%と言われています。
水分は外からの刺激や衝撃から肌を守るクッションのような役割があり、
水分が十分にあると空調などの温度や湿度の急激な変化でも肌を保護してくれます。

水分が肌細胞に行き渡り栄養分の供給がスムーズになると、
肌細胞の働きが活発になりターンオーバーが活性化します。

水分と油分のバランスも美肌には重要です。
肌の水分量が不足していると、乾燥してバリア機能が弱くなりダメージを受けやすくなります。

バリア機能が不完全になると、肌を守ろうとして必要以上の皮脂が分泌され、様々な肌トラブルが起こりがちです。
過剰な洗顔などで皮脂を多く洗い過ぎても、肌の潤いが失われてしまいます。

肌の乾燥が進むと、実年齢よりも老けた見た目になります。
肌の水分量を40~50%に保ったり、水分と油分のバランスを保つためには毎日のスキンケアが欠かせません。

洗顔時は、セラミドや油分を落としてしまう熱いお湯は使わずに、体温よりも少し低めの35度程度にします。
洗顔料は肌を傷付けないように泡立てて、肌に乗せるようにして洗います。

洗顔後は乾燥を防ぎ、肌の奥深くまで浸透するようにコットンを使って、時間をあけずにすぐに化粧水をつけます。
化粧水後も乳液や保湿クリームで肌の水分に蓋をするようにしっかりとケアします。

様々な対策により、理想の肌水分量が保たれた、トラブル知らずの美肌を手に入れることができます。

自分に合ったコスメを使う


敏感肌でも安心して使える洗顔用のコスメティックスとしては、IPSコスメティックスの
洗顔石鹸と美容液がお勧めです。

透明感IPSコスメティックスの洗顔石鹸にはカミツレ花エキスやローズマリー葉エキス、コメ発酵液、
またスクワランなどの保湿成分を贅沢に配合しており、肌に必要なうるおいを守りながら
もっちりとした弾力と透明感あふれる肌へと導いてくれます。

そしてIPSコスメティックスの美容液はオールインワンタイプですので
スキンケアを楽に続けていくことができます。

購入したいと思ったら、IPSコスメティックスのサイトより問い合わせるか
IPSコスメティックスの販売員に知り合いがいれば、相談してみるのが良いでしょう。

スキンケアで使うならIPSコスメティックス