丁寧にやればやるほど結果がでるお肌のケア

ipsコスメティックスでパック

IPSコスメティックスで綺麗になれる特別なケアをしなくても、化粧水だけですべすべの肌を保つことができていた
若い頃とは違い、年齢を重ねるとともにスキンケアアイテムも増え
定期的にスペシャルケアをする必要が出てきます。

パックは日ごろのお手入れでは足りない美容成分を補うのに役立ちます。
ケアした後の肌は、いつもより確かに潤っていて、肌の透明感も増しているのを
実感することができます。

美肌に欠かせない|パックの元祖は?

最近では様々な美容成分を浸透させたシートパックが多く出回っていますが
その昔は家庭でキュウリやレモンをスライスし顔に貼り付けてパックしているお母さんたちもいました。

パックが高価だった時代に、手軽な方法でそういった身近な材料を使って工夫したのですが
市販されているパックの元祖とはどんなものだったのでしょうか。

日本では昭和23年頃からクリームとガーゼを使ったパックが行われるようなりましたが、
このクリームはリッチな成分が配合された保湿効果があるもので、「オカップナリシングクリーム」などが使われました。

あらかじめ美容液をシートにしみこませてあるわけではなく、自分でクリームとガーゼを
用意する必要があり、クリームを顔に塗り広げてからガーゼを顔に載せる方法で手間はかかっていたはずです。

ガーゼを載せることで、水分を逃さず保湿効果をじっくりと実感できるこのパック、
贅沢成分配合のクリームを使用するので剥がすのがもったいないと、当時の女性たちは感じたことでしょう。

IPSコスメティックスを使ったスキンケア

洗顔用石鹸

現在ではパックのためのコスメティックスがたくさn出回っています。
しかし、注意しなければならないのはその化粧品に含まれる成分です。
シートマスクなどにはアルコールや合成成分など、肌への刺激や負担となる成分が
含まれているものも多く、頻繁に使うことによって、肌荒れを起こすこともあります。

肌に負担をかけずにケアするなら、肌に本当に必要な成分だけを与えることを
考えなければいけません。IPSコスメティックスを使う

そこでおすすめしたいのがipsコスメティックスの化粧品です。
ipsコスメティックスの化粧品には、肌にとって本当に必要な成分のみが凝縮されています。

洗顔石鹸と美容液のみというシンプルなお手入れですが、肌が持つ機能を引き出し
美肌に導くと評判の化粧品です。

美容液には10種類の植物から抽出されたエキスをipsコスメティックスが
独自に複合したAOC10という成分やオウゴン根エキス、カミツレ花エキス、グリチルリチン酸2Kなど
植物由来の成分が凝縮して配合されています。

肌に優しいナチュラルな成分だけで作られているので、刺激や負担もなく、肌が弱い人にもおすすめです。
基本的なお手入れ方法は、洗顔後に美容液を数滴肌に馴染ませるだけですが、美容液は
使い方によってはスペシャルケアとしても使用できます。

美容液には昼用と夜用の2種類ありますが、パックとして使用する場合は夜用美容液を
パッティングして顔全体に馴染ませてから、日中用美容液をたっぷりつけるようにします。

このように普段使っているアイテムを方法を変えて使うことでスペシャルケアにもなるのでとても便利です。
ある程度年齢を重ねると、定期的なスペシャルケアで足りない美容成分を補う必要がありますが
化粧品の成分によっては、肌トラブルの原因となってしまうこともあるので注意が必要です。

ipsコスメティックスの化粧品なら肌に不要な成分は含まれていないので安心して使うことができます。
美容液は使い方を変えるだけでパックとしても利用できるのでとても便利でおすすめです。

スキンケアで使うならIPSコスメティックス