丁寧にやればやるほど結果がでるお肌のケア

コンパクトでどんな場所でも使えるアニオンエア

IPSコスメティックスで綺麗になれる心と体でストレスを感じてしまっている現代人にとって、リラクゼーションが出来る方法を
考えていく事はとても重要な事です。

マッサージを受けたり、アロマの香りを利用したり、自分なりのリラクゼーションの方法を
見つけていきましょう。

その中で、今注目されているのがIPSコスメティックスが開発して販売している
アニオンエアという商品です。

アニオンエアは、空気中に大量の電子を発生することが出来る物で、医療機具や美容器具と
いうものではありませんが、使用することでお部屋の空気をリフレッシュさせる事が出来ます。

心と体をリラクゼーションできる環境に導くことは大事な事ですし、それが出来るので注目されています。

クリーンですがすがしい空気を作るIPSコスメティックスのアニオンエアは
サイズもコンパクトなので持ち運びも楽々です。

綺麗な空気

6畳から15畳ぐらいの広さに適応していて、スイッチ一つでその出力なども調整する事が可能です。

6畳の場合はmin、8畳から12畳の時はmid、最後に12畳から15畳の場合はmaxの目盛で使用するのが良いでしょう。

効果的な使用法として、時々換気を行う事と湿度を40~60%に保つと良いと言われています。
また、空気中の汚れも落とすという効果があるため、本体も時々拭き掃除をすると綺麗に使っていく事が出来ます。

IPSコスメティックスでは様々な商品が研究開発されて販売されていますが、電子を大量発生させて
空気を綺麗な状態にしていくこの商品はリラクゼーション的な効果が見られますので、
特にストレスを感じていたり心も体も癒されたいと感じている方には特にお勧めです。

意外と新しい!?“ストレス”という概念

ストレスという言葉は、今や日常会話的に使われていますが、実は元来は機械工学的な用語であったのです。
物体を圧縮したり引き延ばしたりすると、その物体にはひずみが生じますが、このことを指していました。

ところが1936年にハンス・セリエがストレス学説というものを提唱してからというものは、
健康などを語るときに切り離せないものとなり、1957年流行語になったといういきさつがあります。

本来は「負荷」という意味ですが、ストレスという言葉自体が受け止めやすいということもあって
そのまま日本語として定着したというものです。

ストレス学説というのは、外界から心身へいろいろな傷害や刺激が加えられると、
体内に種々の非特異的な生物反応が起こるということから、脳下垂体、副腎系のホルモン分泌が
深く関与するとされているものです。

現代では生活習慣病にも大きな影響を及ぼすものとされ、ストレスをため過ぎないことが心身の健康に大切だとされています。

ストレスを軽減してくれるアイテム

マイナスイオンというのは、今とても注目されていて様々な会社で商品化されていますので、
もしそういったアイテムを購入したいと思っている方は、試してみると良いでしょう。

お部屋の空気が綺麗ですと気持ちよく過ごす事が出来ますし、もちろん癒され効果もありますのでメリットも沢山です。

癒される

スキンケアで使うならIPSコスメティックス