丁寧にやればやるほど結果がでるお肌のケア

IPSエッセンスにはどんな特徴がある?

IPSコスメティックスで綺麗になれる 世の中には、数多くの化粧品が存在しています。

しかし、全ての化粧品が高い効果を発揮してくれるわけではなく、
適切な商品を選択することが大切になります。

口コミなども参考にしながら、自分に合っているものを探さなければなりません。
最近は、IPSコスメティックスという化粧品が注目を集めています。
特徴をしっかりと理解して、試してみるべきです。
価値がある

IPSコスメティックスには、スキンケア・ヘアケアなど女性が気になる部分に作用する製品が多数あります。
たとえば、IPSエッセンスというものが挙げられます。
IPSエッセンスは、IPSコスメティックスが誇るスキンケア製品の1つです。スキンケアに有効的

肌の若々しさが失われてしまう原因で大きいのは、なんといっても紫外線です。
その紫外線や、周辺の環境によって生じるダメージに着目して作られたのが、IPSエッセンスなのです。
昼と夜とで必要な成分は異なるため、それぞれに合わせて成分を配合しています。

肌を紫外線から守る日焼け止めの歴史をさかのぼる

強力な紫外線を肌に浴びてしまうと、赤く腫れたりシミの原因となってしまうケースが多くあります。
そのような肌トラブルを未然に防ぐために効果的なアイテムが、日焼け止めアイテムです。

日焼け止め化粧品が日本で初めて販売されたのは、1954年です。
資生堂サンスクリーンが製造したのですが、その当時はまだSPFの概念がありませんでした。

その後、1980年にSPF表示が施された日焼け止めが発売されて圧倒的な注目度を誇ったのです。

紫外線防止剤は白い粉末を使用していますので、塗ると肌が白くなりすぎてしまう傾向にありました。
そこで、より自然な肌色を叶えるために研究が重ねられたのです。

日焼け止め

白浮きしない綺麗な仕上がりを目指してサイズや形状なども修正され、
ついにコンパクトなサイズの日焼け止め化粧品が誕生しました。

肌が弱い人でも安心して使えるように天然成分が配合されている商品も登場し、
より幅広い世代の女性たちから親しまれています。

このように、紫外線の影響を最小限に食い止めて、いつまでも白く美しい素肌を
保つことができるようにしてくれるアイテムが、日焼け止めアイテムです。

その歴史は非常に古く、女性のニーズに合わせて進化を続けてきたといえます。

シンプルだから続けられる

昼の肌に効果的なもの、夜の肌に効果的なもの。それぞれを厳選することで
無駄にたくさんつける必要もなく、少ないステップで効果を発揮することができるのです。

清めることと、活かすことの2ステップを意識し、シンプルさを追求しています。
身体の内側からハリと透明感を作り上げることを目指し、肌の滑らかさを手に入れることができるのが
IPSエッセンスの大きな特徴なのです。

 

紫外線の基礎知識をおさらい

肌を紫外線から守るためには、紫外線に対する十分な基礎知識を知っておくことも重要です。
紫外線とは電磁波の一種で、波長が可視光線よりも短い光線です。

可視光線の中でも波長が特に短い紫色の光より波長が短いために、紫外線という名前がつけられています。
一般的に波長が400nm以下の電磁波を紫外線と呼んでいます。

紫外線に分類される電磁波の幅は広く、波長が10nm程度のものまで紫外線に含まれます。
それよりも波長が短い電磁波はX線に区分されます。

紫外線の知識

波長の長さによって、さらに細かく種類分けされることもあり、波長が比較的長い380nmから200nmのものを近紫外線と呼んでいます。
波長が200nm以下10nm以上のものは遠紫外線と呼ばれています。
波長が121nmから10nmのものは極紫外線に分類されることもあり、同じ紫外線でも微妙に異なった性質があります。

近紫外線は太陽光線の中に含まれている紫外線の中でも、地表まで到達する種類のものです。
波長によって、地表まで光が到達する割合が異なっていて、波長が315nm以上のUVAは、全体の5パーセント程度が
大気を通過します。遠紫外線は酸素や窒素に吸収されるので、地表には到達できません。

紫外線は他の名称で呼ばれることもあり、菫外線という名前が使われることもあります。

これは1960年以前によく使われていた名称で、現在ではあまり一般的ではありません。
化学線という名称で呼ばれることもありますが、これは光にあたった時の化学作用が強いことからつけられた名前です。

日本語ではUVという言葉が使われることもありますが、これは紫外線を英語に翻訳したultravioletを縮めたものです。
紫外線が含まれているものとして代表的なのが太陽光線です。

晴れた日に長時間外を歩けば、日光の中に含まれている多くの紫外線が皮膚に吸収されます。
水銀灯の中にも紫外線が多く含まれていて、紫外線を有効に活用することもできます。

紫外線の効果として一般的によく知られているのが殺菌作用です。
一定時間紫外線にさらすことで、物質の表面についた雑菌を効果的に除菌することができます。

こうした除菌の働きを効果的に利用したのが食品の製造で、魚を長時間日光に当てて乾燥させることで
効果的に除菌ができるので、長時間保存が可能な干物が作れます。

日焼けも紫外線が原因となって起こる現象で、紫外線が肌に吸収されると、肌の内部に存在する細胞の働きが
活発になることから、肌全体の色が変化します。

 

紫外線を長時間浴び続ければリスクもある

紫外線は長時間浴び続けていることで、体のさまざまな部分に悪い影響を与える場合があります。
特に大きなリスクがあるのが目や皮膚、免疫系の器官です。

これらの器官が多くの長時間紫外線を浴び続けていると、急性の疾患や慢性の疾患を引き起こす場合があります。
紫外線の種類によっても人体に与えるリスクは異なり、特に強い影響を与えることがわかっているのがUVCです。

UVCは近紫外線の中でも波長が200nmから280nmの短い種類のものですが、他の近紫外線よりも長時間浴びた時の
人体への影響が大きいことで知られています。

UVCはオゾン層に吸収されるので地表には到達しませんが、近年環境破壊によってオゾン層の一部が消失している
ことにより、人体への影響が問題になっています。

紫外線を浴び続けると特に大きな影響が出やすいのが皮膚で、人間の体の一番外側の部分をおおっている場所で
あることから、直接的にさまざまな影響を受けます。

紫外線が皮膚に悪い影響を与える一番の理由は、タンパク質の性質を変化させる働きがあることです。

長時間日光にさらされていると、皮膚にはしわができやすくなりますが、これは太陽光に含まれている紫外線が、
皮膚の内部のコラーゲン繊維や弾性繊維を変質させるからです。

皮膚の内部に潤いやハリがなくなることで、肌全体が加齢します。
肌が加齢により衰えることで、さらに紫外線によるさまざまなリスクが増大する場合もあります。

肌が加齢することによって、近紫外線の中でも比較的波長が長いUVAが肌の内部まで浸透しやすくなり、
肌の内部の弾性繊維をさらに損傷させる原因になります。

肌の内部で損なわれた弾性繊維は再び元の状態に戻ることは難しいために、一度肌が加齢すると症状が
継続的に進行する場合もあります。

UVAは太陽光の量が少ない冬でも多く地表まで到達することから、肌の加齢を避けるためには一年を通して
注意する必要があります。

UVAより波長の短いUVBやUVCは、さらに大きな影響を肌に及ぼす可能性がある紫外線です。
UVBやUVCを含んだ日光を長時間浴び続けていることで、皮膚がんの原因になることもあり、人体への影響が
問題視されています。

紫外線を長期間浴び続けた場合、美容にも悪い影響を与える可能性があり、メラニン色素の生成はシミの原因になります。

皮膚が紫外線を吸収すると、それ以上の吸収を防ぐために体内にメラニンが分泌されますが、これが同じ部分に多く固まると
他の部分よりも目立ってシミになります。

スキンケアで使うならIPSコスメティックス